と、まぁこんな感じで、まずはカレーに使う夏野菜の効用

の説明をしました。次は全国に店舗をもつカレーチェーン店

やあのオリーブで有名な人の夏野菜カレーのレシピなどを見ていきましょう。

 

 

まずはオリーブで有名なあのイケメン料理男子から。

もこみち流 夏野菜とひき肉のカレー

 

 

カレーのスパイス的なものは好みにもよるし、普通に

市販のものに変な味を付け足さずに食べると美味しく

できあがるので、それは置いといて、

 

 

夏野菜とはいえオクラを使うのは面白いですよね!

ネバネバ系のものが好きな人にはたまらないと思います。

それと何と言っても豚挽き肉を使っている点が良い

ですね!笑 男受けは間違いないと思います^^

 

 

お次はココイチ!!

チキンと夏野菜カレー

ココイチの夏野菜カレーはチキンカレーがベースと

なっていて、そこに夏野菜がぶっこまれている感じ

ですが、

 

 

そのぶっこまれている夏野菜は、トマト・ナス・

グリーンアスパラです。王道ですね。

 

 

お次はサンマルコの夏野菜カレーに入っている夏野菜の

具材を調べてみました。

サンマルコの夏野菜カレー

 

 

オクラ、トマト、ナス、ズッキーニ、かぼちゃ、ゴーヤ

これだけの具材が入っていました。

 

 

夏っぽいけれど、あまり代わり映えしないですね。

 

 

色々見てきましたが、巷で言われている夏野菜のカレー

というのは、作ったカレーと夏野菜を少し炒めただけ

のものを単に混ぜただけのものが多いです。

 

 

でもそれだけではなにか物足りないです。

物足りないと言うか、夏野菜を生かしきれていません

 

 

夏野菜は油と相性のいいものが多いです。例えば、

ナスやズッキーニ。これらはたっぷりのオリーブオイル

などで炒めることによって味が生きてきます。

 

 

ところで、ラタトゥイユという料理は知っていますか?

フランスの料理で、たまにフランス料理店でもどちらか

というと家庭料理っぽいものを出してくれる店などで、

食べられたりしますが、

 

 

これぞ夏野菜を生かしきった料理なんです。

もう野菜しか入っていません。笑

 

 

で、僕は色んなラタトゥイユを作って食べたり、

店に行っては食べたりしていますが、とある

レシピを再現してからどこにも食べにいけなく

なりました。

 

 

そのレシピというのがこれです。

夏野菜のラタトゥイユ──男の料理

 

 

本当にたまりません。絶対に作ってみてください。

夏野菜が好きなら絶対に大満足してもらえると

思います。

 

 

で、どうして夏野菜カレーの記事なのに、ラタトゥイユの

レシピを紹介したのかと言うと、夏野菜カレーというのは

このラタトゥイユのリメイクカレーとして作るのが一番

美味しいんです。

 

 

野菜のみを使って、余計なものを一切使っていない、

ザ・夏野菜料理とカレーのマッチが悪いわけないじゃ

ないですか。

 

 

上のレシピを忠実に再現して、普通にラタトゥイユを作って

食べてもらうのもいいのですが、これに好きなカレールー

入れてカレーにしてみてください。最高です。

 

 

ただし、もしカレーはスパイシーな方が好きだという

方は、ラタトゥイユを作る時点で、糖度の低いトマト

を使用してください。

 

 

ラタトゥイユ単体で食べるのなら、トマトの甘みが

物凄く生きてきます。と言うのも、ラタトゥイユで

出てくる水分と言うのは多くがトマトも水分で、

 

 

トマトによって甘めの味付けになるか否かが決まる

と言っても過言ではありません。

 

 

なので、トマトの糖度を抑えることによりカレーに

余計な甘みがなくなり、カレーのスパイスを入れたら

甘みが邪魔することなく上手くマッチするんです。

 

 

と、まぁこんな感じです。ラタトゥイユのレシピ

さえ忠実に再現してもらえれば、後はあなたの

カレーの好みなので、

 

 

どういう夏野菜カレーにするかはあなた次第です。

でも、単に炒めた夏野菜を入れたカレーなんか

とは比べ物にならないほど美味しいのが

 

 

ラタトゥイユカレーです。

是非とも一度作ってみてください。